2019年01月21日

自筆証書遺言

ここのところ、日常生活のグダグダした記事ばかりで、
めっきり皆様への情報提供が
少なくなってしまっておりました。

反省しております。

さて、今月13日から、自筆証書遺言が書きやすくなりましたので、
情報提供です。


これまで、自筆証書遺言は、その全文を自筆で書かなければ
ならないと定められていました(民法968条)。
その為に、不動産の所在や銀行口座など、
細々した情報を手書きしなければならないという苦労がありました。
しかし、不動産や銀行口座などの財産に関する目録については、
自筆で書かなくても、パソコンで作成したり、
通帳のコピーを添付するなどの方法でもよくなりました!
(但し、各ページに署名と押印が必要です。
 また、今月12日以前に作成していた自筆証書遺言には
 適用がありませんので、ご注意を。)

これで、自筆証書遺言の作成も、
少しは楽にできるようになるのではないかと思います。


今回の相続法の改正には、
これ以外にもたくさんの改正がなされています。
個人的には、配偶者居住権の創設は
いろいろな場面で使えるんじゃないかと思っています。
自筆証書遺言に関するものでも、
法務局で預かってもらえるようになるなどの改正があります。

しかし、実際に使えるようになったのは、
今回紹介した自筆証書遺言の財産目録の点だけ。
それ以外の改正は、早いものでも、今年の7月以降からです。
(自筆証書遺言が法務局で預かってもらえるようになるのは、
 来年の7月10日からで、
 まだ手続きの詳細なども決まっていません。)


一度、相続法の改正についても
全体を通す形で説明をしたいと思いますが、
それはまた次の機会ということで。

興味がおありの方がいらっしゃいましたら、
遠慮なくお問い合わせください。
いつでも、ご説明させて頂きますよ!



posted by hora at 17:12| Comment(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: