2019年05月31日

白血病治療の救世主

昨日の朝日新聞のネット記事に、
白血病治療の救世主となりそうな発見があった
という記事がありました。

読まれましたか?

白血病の治療に使われる造血幹細胞というものがあるのですが、
それをつくる(増やす・培養する)のがとても難しいのだそう。
0.5リットルで数万円するような高価な培養液を使っても
増やすことが難しいのだそうです。

しかし、その高価な培養液を上回る
素晴らしい培養効果が得られる液体が発見されたのです!

なんと、市販の液体ノリ!!!

あちこちの会社で普通の事務作業に使われているような
あの液体ノリです。
(アラビック■マト、とかが有名ですよね。)

実際に液体ノリで造血幹細胞を数百倍に増やし、
マウスに移植して効果が得られたのだそうです。


amazonで確認したところ、アラ■ックヤマトなら、
480mlの詰め替え用ボトルで1018円でした。
いま注文すれば、明日には届きます。

それが、500ml数万円の培養液よりも優れているのです!

よくそんなものを調べてみようと思いましたよね。
新聞記事のタイトルにも
 「専門家驚嘆」
と書かれていました。
誰だって驚嘆しますよ(苦笑)

もっと早くに気づいていれば、
救えた命もあるのかもしれません。

液体ノリで救える命。

なんだか変な感じですが、
救える命が増えることは喜ばしいことですね。

posted by hora at 15:16| Comment(0) | 日記