2018年08月03日

ゴールデン・スピリット

うちの事務所の近く、中之島公会堂のすぐ目の前に
大阪市立東洋陶磁美術館があります。

私は陶磁器も好きなので、たまに行くんです。
(ありきたりながら、一番好きなのは油滴天目です。
 あの模様・光沢は、本当に神秘的ですよね。)

今回行ってきたのは、
「フランス宮廷の磁器〜セーヴル、創造の300年」
です。

「東洋」じゃないじゃん!との突っ込みは
なしの方向でお願いします。
実は、この前に東洋陶磁美術館行ったのが、
「ヘレンド展」だったのも内緒です(苦笑)



話をセーヴル展に戻します。

いやー、やはり美術品ですね。
詳しいことは分かりませんが、
地色の色合い、模様の美しさ・精緻さ、フォルムの美しさ、
どれをとっても素晴らしいものばかりです。

現代の作品になると、やはり現代アートの色合いが
取り入れられていきます。
様々なアーティストを迎え、作品が作られています。



日本からも、アーティストが行っています。

ご存知、草間彌生さん。



さすが草間彌生さん、
なかなかビビッドな感じで
セーヴル感を打ち破る作品を作っておられます。

今回の展覧会は撮影自由だったので、
撮影してきましたよ。
みなさんにも見て頂きましょう。

作品名は、「ゴールデン・スピリット」です。

では、どうぞ♪











1808セーヴル.jpg





さすがのインパクトです。


「頭頂が逆立ち、全身が黄金で覆われ、キュクロプス
 (ギリシャ神話に登場する単眼の巨人)のごとく
 一つ眼を頂いた、異形の小動物の像。
 日本の脚でずんと立つこの愉快な作品は、
 目の部分に低火度焼成の色を用いたビスキュイ
 (無釉白磁)彫刻である。
 シリアルナンバー付きで18点発表された。」
とのことです。


いやー、草間彌生さん。
おそるべし。




posted by hora at 08:29| Comment(0) | 日記