2020年01月15日

あけましておめでとうございます

皆さま、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

1月ももう15日になってしまいましたが、
これが今年の初投稿ということになってしまいました。

実は、年明け仕事開始早々に、
インフルエンザにかかってしまいました。
仕事では、各方面にご迷惑をおかけしまして、
申し訳ありませんでした。

インフル休養の分だけ、仕事が詰まってきて、
私のデスクは大変なことになっておりますが、
なんとか早いこと正常運転に戻りたいと思っております。

そんなこんなで大変な年明けでしたが、
今年も一生懸命頑張りますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

posted by hora at 22:30| Comment(0) | 日記

2019年12月16日

書籍2

私が改訂作業に参加させて頂いた本が出版されました。

ん?デジャブ?
いえ、2冊、立て続けに出版されたんです。

「破産管財手続の運用と書式(第3版)」(新日本法規)です。
https://www.sn-hoki.co.jp/shop/item/5100102

大阪で破産管財事件を扱っている弁護士ならば
誰しもが持っている有名書籍です。
大阪以外の弁護士さんでも、破産管財を扱っておられる方なら、
持っているよという方も多いことでしょう。

私が破産管財人として業務をするようになったころは、
この本(当時は初版から第2版に切り替わったところ)に
どれだけお世話になったことか分かりません。
今でも、何かあれば頻繁に確認する本です。

今回、そんな書籍の改訂作業チームに入れていただきました。
作業量も多かったのですが、よい勉強になりました。
書かれている内容もさることながら、
色々と考慮された結果、
こういう記載に抑えてあるんだな、とか、
その裏側(向こう側?)に触れられたことも、
とてもよい経験でした。

この経験を日常業務にも活かしていかれば、と
思っております。

posted by hora at 09:18| Comment(0) | 活動

2019年12月11日

書籍

私が執筆に参加させて頂いた本が出版されました。

「破産実務Q&A220問」(きんざい)です。
https://www.kinzai.jp/item/b13524/

私も持っている前版が200問でしたので、
設問の入れ替え等も含めて
今回、20名強の弁護士が
新たに執筆者として加わったことになります。

今年は他の書籍の出版にも参加させて頂きましたが、
こういうお話って、電話一本で始まるんですよね。
なんというか、新鮮な驚きがありました(笑)

「破産管財業務は法律のるつぼだ」と言われることがあります。
破産会社が有していた法律関係の全てを
処理しなければならないため、
実際に、様々な法律問題の検討が求められます。
そういう意味で、破産管財業務に携われるということは、
弁護士としての経験・修行という意味でも、
非常に有意義だと感謝しています。

今後もしっかりと裁判所からの信頼を維持し、
破産管財業務を継続していきたい、
そして、依頼者の皆様に、
その経験をフィードバックさせていきたい
と考えています。

今後ともよろしくお願いします。


posted by hora at 13:33| Comment(0) | 活動